車下取り査定料

車下取り査定.com

  •  
  •  
  •  
 

下取りの際にかかる諸費用や査定料に注意

新車購入時に乗っていた車を売却する場合、ディーラーや販売店で下取りに出すか、ガリバーやアップルのような買取り専門店を利用するか、迷うかもしれません。

どちらが得かはケースによって違いますが、ディーラー・販売店での下取りの場合は、下取りをしてもらうための諸費用や査定料がかかる場合があるので、注意しましょう。

買取り専門店での査定額よりも下取り価格の方が高かったとしても、諸費用を差し引かれると、実質的に損をする場合もあります。

買取り専門店では、このような費用はかかりません。

下取り諸費用とは?

本来は、車が本人名義ではない場合に、名義変更の手続きをディーラー・販売店が代行する手数料として請求されるものです。

相場は5,000円~10,000円ですが、各ディーラー・販売店が自由に設定できます。

車購入時にローンを組むと、名義が本人ではなくディーラー・販売店名義になることがあります。また、実印登録をしていないまま急いで購入したなど稀なケースでも、同じような処理がされることがあります。

そのような車を下取りに出すと、ディーラー・販売店には名義変更の手間がかかるため、下取り諸費用の名目で手数料をとることが多いようです。

しかし、本人名義の車であるにもかかわらず、事務的な処理で下取り諸費用が当たり前のように計上されているケースがあるので、注意しましょう。

査定料とは?

ディーラー・販売店で下取り車を査定する際には、中古自動車査定士という資格を持った人が査定します。
専門の人を使うので、その人件費がかかるからという名目で請求される費用です。

相場は、5,000円~10,000円くらいになります。

ディーラー・販売店は車を売るのがメインの仕事で、下取り車の査定は特別業務のような扱いになってしまうので、このような費用が発生することになります。

しかし、買取り専門店は、買取り査定がメインの仕事になるので、いちいち査定料をとったりはしません。

買取り専門店での査定はすべて無料で行ってくれますので、下取りとの比較検討のためにも、便利な一括査定を利用してみましょう。

下取り諸費用・査定料は値引き交渉をしよう

ディーラー・販売店では当たり前のように計上されることもある下取り諸費用や査定料ですが、特別な意義を持った費用ではありません。

ですので、それがカットできないか、営業マンと交渉してみましょう。
特に、本人名義の車の下取りにかけられている下取り諸費用は、本来払う必要のないものです。

その費用は何のためにかかるのかを明確にして、無駄なお金をとられないようにしましょう。

カットするかどうかは、そのディーラー・販売店の方針や営業マンの裁量次第ですが、「最近はとらないお店も増えたと聞いた」「他のお店ではカットしてくれると言われた」などと言うと、交渉に応じてくれる可能性もあります。

交渉が苦手な人もいるかもしれませんが、ディーラー・販売店の言いなりになってしまうと、損をすることもあります。

買取り専門店ではこのような費用はかかりませんので、そちらの利用も検討してみましょう。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

▼1つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。▼

>>高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧<<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

目的別おすすめ記事


車下取りと車買取りの違い


車下取りで必要な書類


査定士はここを見ている!


車種別買取相場


車のお役立ち情報


車に関する豆知識

メニュー

買取査定の相場

 

Copyright 車下取り査定.com All Rights Reserved.