車下取りディーラー

車下取り査定.com

  •  
  •  
  •  
 

ディーラー・販売店が行う車下取りの流れと必要書類

車の買いかえを決めた後、これまでに乗っていた車を売るための方法は3つあります。

1.買取り専門店に買い取ってもらう

2.新しい車を買う予定のディーラーや販売店で下取りしてもらう

3.個人売買をする

3の個人売買はあまり一般的ではないので、通常は1か2のどちらかを選ぶことになります。

下取りのメリットとは?

下取りは手間がかからない

取りに出すメリットは、何といっても手間が省ける点です。
新しい車の購入と、古い車の売却を同じお店で行うことができます。

買取専門店では難しい車も引き取ってくれる

また、新たに車を買ってくれるお客様ということで、難のある車でも引き取る努力をお店側がしてくれます。

営業マンとの信頼関係が気づける

同じお店で何度も購入と下取りをくり返していれば、お得意様となって営業マンとの信頼関係もでき、アフターフォローや車の情報など様々な特典が得られる可能性があります。

国産ディーラーであれば、自社の車は高く下取りしてくれる傾向があるので、同じお店で下取りをしてもらうのも一つの手でしょう。

下取りのデメリットとは?

取専門店より低い価格になりやすい

買取り専門店は、独自の販売ルートを持っています。
幅広い車種に対応することができ、査定額の面ではディーラー・販売店は買取専門店にかないません。

外車・他社メーカー・輸入車は査定額が低い

他社の車、特に外車や輸入車の査定は値段がつきにくくなってしまいます。
買取専門店は販売ルートの違いがディーラーとの大きな差です。

パーツやドレスアップは評価してもらえない

純正パーツ以外の追加やドレスアップはディーラーでは評価されません。
買取り専門店では、オークションや店頭で高く売れると判断すれば、そのあたりも含めて査定にプラスをしてくれます。

車両値引きと関係し下取り価格がごまかされることがある

ディーラー・販売店においては、新しい車の車両値引きを調整して、下取り価格を高く見せるテクニックが使われることもあるので、注意しましょう。

古い車の売却に手間をかけるのが嫌な人、特に高く売るつもりが無く、引き取ってもらえればいいやという人にとっては下取りの方がメリットがあります。

しかし、せっかくの愛車だから高く買い取ってほしい!という人は、買取り専門店一括査定を受けることをおすすめします。
下取りか買取りか、自分にとってはどちらが向いているかをゆっくりと考えてみましょう。
ここでは、車の下取りの具体的な流れと、必要書類についてご説明します。

ディーラー・販売店で下取りしてもらう際の流れ

基本的な下取りの流れは以下のようになっています。

①購入する新車を選ぶ

②下取りしてほしい車があることを伝える

③下取り価格を査定してもらう

④購入車の価格が決定する

車を下取りしてもらうということは、当然そこのお店で新しい車を購入するということです。

新車の見積もりの際に下取り車があることを伝えると、それを前提に新車の代金が決まります。
ディーラーや販売店は、お客様に気持ちよく車を買っていただくのが仕事ですから、基本的には下取り価格を高く見積もってくれます。

しかし、それが実質の下取り価格かというと、そうではない場合があります。
新車見積もりには、最初からある程度の値引き額が設定されていて、その範囲内の金額を下取り価格として見積もりに計上できるからです。 つまり、下取り車が無くても、最初からその分は値引きする予定だった可能性があるということですね。

ですので、新車購入の際は、まず下取り車が無い前提で見積もりをしてもらいましょう。
値引き額がしっかりと確定した後、あらためて下取り査定をお願いすると、実質的な下取り価格がわかりやすくなります。

同時に買取専門店の一括査定も利用し、一番高く買ってくれるところを探してみてはいかがでしょうか。
下取りと買取りどちらが得になるかは、車種や状態によっても違いますので、じっくりと比較検討してみましょう。

下取りの際に必要な書類

下取り時に必要となる書類は、買取り専門店で売却するときの書類と基本的には同じです。
お客様が持参しなければいけないものと、下取り先で準備してくれるものとがあります。

お客様が持参しなければいけない資料

自動車検査表(車検表)の原本

車検証は、車内への携帯が義務付けられています。
万が一紛失している場合は、運輸支局で再発行の手続きをしましょう。

自賠責保険証明書の原本

自賠責保険は強制保険ですので、加入していなかったり期限が切れてしまっている場合には車を売却できません。
証明書を紛失している場合は、保険会社で再発行してもらいましょう。

自動車納税証明書

車検の際に必要となりますので、車を売却するときには売却先に渡さなければいけません。
紛失の場合、各都道府県の税事務所(軽自動車は市区役所)で再発行の手続きをしましょう。 

リサイクル券

購入時にリサイクル料金を預託している車を売却するときには、それを証明するリサイクル券が必要です
紛失している場合、自動車リサイクルシステムのホームページで、「自動車リサイクル料金の預託状況」を照会し、ページをプリントアウトしておきましょう。それがリサイクル券の代わりになります。

印鑑証明書

車の売却時には、実印を使います。
その印鑑が実印である証明をするために、3か月以内に各市町村役場で発行された印鑑証明書が必要となります。
実印登録をしていない場合は、印鑑を持参し役場で手続きをしてもらっておきましょう。

下取り先が準備してくれる資料

委任状 ・譲渡証明書

委任状や譲渡証明書は、ディーラー・販売店側が準備してくれた用紙に必要事項を記入します。
実印を押す欄もあるので、実印を準備しておきましょう。

参考:車売却時の必要書類

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

▼1つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。▼

>>高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧<<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

目的別おすすめ記事


車下取りと車買取りの違い


車下取りで必要な書類


査定士はここを見ている!


車種別買取相場


車のお役立ち情報


車に関する豆知識

メニュー

買取査定の相場

参考:車売却時の必要書類

 

Copyright 車下取り査定.com All Rights Reserved.