車下取り必要書類

車下取り査定.com

  •  
  •  
  •  
 

査定時・売却時に用意しておく書類

査定や売却の当日にはあらかじめ用意しておかなければならない書類がいくつもあります。当日になってから書類を探すということにならないよう、事前に全ての書類を揃えておきましょう。

売却時には自分でこれらの書類を用意しましょう

車の売却時に必要な書類は業者が手配するものだけではありません。あなたが車についての書類を集めておく必要があるのです。スムーズに手続きを済ませられるよう、用意しておくようにしましょう。

※☆印の付いている項目は査定時にも必要

☆自動車検査証(車検証) 

自動車検査証、いわゆる車検証です。これはその車が自動車保安基準に適していることを証明する書類です。運転時に携行することが義務付けられているため、ダッシュボードなどの中に入れられています。もし見つからなければ運輸支局で再発行してもらうことが可能です。

☆自動車損害賠償責任保険証(自賠責保険証) 

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)に加入していることを証明する書類。運転時には携行することが義務であるため、車検証と一緒にダッシュボードなどの中で保管しているのが一般的です。見当たらない場合は契約した保険会社に連絡すれば再発行してもらえます。

自動車税納税証明書

自動車税を納税した際にもらえる書類で、きちんと自動車税を納めている証拠になります。もし紛失してしまった場合は自動車税管理事務所や各都道府県の税事務所で再発行してもらうことが可能。(軽自動車の場合は管轄が異なり市区町村役場の担当部署にて再発行)

実印

市区町村役場に登録してある印章のことを実印と言います。認印とは違い、ローン契約や自動車購入、不動産購入など重要な取引の際に印鑑登録証と共に使用され、本人が押したことの証拠となります。登録には市町村役場に届出をする必要があります。

印鑑証明書

実印が確かに本人によって押されたものであることを証明する書類。市町村役場の窓口で発行してもらうことが可能。申請の際には「印鑑カード」の提示が求められます。

リサイクル券

2005年に自動車リサイクル法が施行され、新車を購入する際にリサイクル券が交付されることになりました。これは車のリサイクル料金が支払い済みであることを証明する書類であり、自動車検査証と共に保管しておくのが一般的です。もし紛失した場合は「自動車リサイクルシステム」のホームページから個人ユーザー向けページに入り、「リサイクル料金検索」から自分の車がリサイクル料金を支払っているかが確認できるため、このページを印刷して代用すればよいでしょう。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

▼1つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。▼

>>高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧<<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

目的別おすすめ記事


車下取りと車買取りの違い


車下取りで必要な書類


査定士はここを見ている!


車種別買取相場


車のお役立ち情報


車に関する豆知識

メニュー

買取査定の相場

 

Copyright 車下取り査定.com All Rights Reserved.