車下取りパーツ

車下取り査定.com

  •  
  •  
  •  
 

改造したら純正パーツも忘れずに

愛車を改造した場合の下取り査定はどのようになるのでしょうか。
またパーツにも純正パーツや取り付けパーツがあります。
査定額にどう影響していくのか、ご説明していきます。

車下取りの前には純正パーツかどうかを調べる

車査定の際には愛車のパーツを変更している場合は純正パーツか取り付けパーツを使用しているのか、また社外の場合は何のメーカーを使用しているのかを把握しておくと良いでしょう。

多くの人が変更する箇所としてマフラーやエアロ、ヘッドライトなどが挙げられます。

個人の好みによってどのパーツを変更するか変わってきます。
変更した際に「純正パーツはどうしますか?」と聞かれますので、その際には持ち帰って保管することをお勧めします。(買取店によっては聞かれないこともありますので注意して下さい。)

車買取り時に変更箇所があることがプラス査定になるのかマイナス査定になるのかは変更した箇所、どのメーカーの物なのかによっても変わってきます。

また愛車のパーツを残しておくことで、次に購入する車に搭載できる場合があります。
各メーカーの情報を調べておきましょう。

車下取りでプラス査定になる改造パーツとは

プラスとして考えられる変更としては納車後に純正のオプションを足した場合です。
この場合は購入時でもつけることが出来たオプションを納車後につけたというだけなので純正のパーツが無くても問題はありません。

しかし、社外メーカーの物を用いた場合は販売するに当たり、好みがわかれてしまう可能性もありますので、純正に戻すことが多いです。

その場合、純正に戻す費用、もどした場合の社外メーカー品をどうするのかという所が問題となってきますので、車買取りの一括査定を申し込む場合はこの点を必ず確認しましょう。

パーツにも高く売れる時期がある

車下取りや買取りと同じように、パーツにも買取りをしてくれる中古買取業者が存在します。
例えばスタッドレスタイヤなどは、10月から11月には買取価格が上がる傾向があります。
各パーツの需要期などにより査定額は変わりますので、お気を付けください。

またドレスアップカーに力を入れている買取店もあります。
車を下取りなどに出す際は、買取業者の情報もチェックしておきましょう。

マイナス査定になりやすい改造パーツとは

パーツが原因でマイナス査定になる場合もあります。
まずは、違法改造です。
当たり前かとは思いますが、もちろんマイナス査定です。
次に気を付けて頂きたのが、パーツを取り付けるために開けた穴です。

また、個人でのチューンナップや、ドレスアップもマイナス査定の要因にもなります。
季節などが限定されるオプションは時期を選び査定に出さないといけないので、注意しましょう。

まとめ

大切に乗った愛車を改造した場合、純正パーツや社外パーツかによって買取査定額は変わります。
個人やディーラーでは取り付けることができないパーツはプラス査定になりやすく。
メーカー純正のナビ、サンルーフ、スライドドアなどは評価が高まります。

中古車は新車に近いほどプラス査定になります。
取扱説明書、付属品など、車を下取りに出す場合はご準備をしてください。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

▼1つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。▼

>>高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧<<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

目的別おすすめ記事


車下取りと車買取りの違い


車下取りで必要な書類


査定士はここを見ている!


車種別買取相場


車のお役立ち情報


車に関する豆知識

メニュー

買取査定の相場

 

Copyright 車下取り査定.com All Rights Reserved.