車下取り時の廃車について

車下取り査定.com

  •  
  •  
  •  
 

廃車同然の車に意外な下取り価格がつく理由

これまで乗っていた車を売却しようと考えても、年式や状態によっては、値段がつかないかもと不安になることがありますよね。

仕方がないから廃車にしようとあきらめていたところに、あるディーラーで数万円の値段で下取りしましょうと言われたとしたら。

とても嬉しく得をした気分になって、そこのディーラーで新車を購入したいと思うかもしれません。

しかし、廃車同然の車に意外な下取り価格がつくのには、ちょっとした理由とカラクリがあるのです。

営業マンの販売テクニック

例えば、とある買取り専門店ではゼロ円と査定された自分の車に対して、ディーラーの営業マンが「頑張って3万円で下取りさせてもらいます!」と言ってくれたとします。

その場合、多くの人は「下取りの方が得だ、この営業マンは優秀だ」と考えるかもしれません。

けれど、ディーラーの営業マンは新車を売るのが仕事なので、お客様をいい気持ちにするためには様々な販売テクニックを使います。
廃車同然の車に意外な下取り価格をつけてくれるのもその一つなので、そこにはカラクリがあります。

新車購入の際は、ディーラー・販売店側もある程度は値引きをする前提でいますよね。
その車両値引き限度額が10万円であったと仮定しましょう。

つまり、下取り車が無くても、交渉次第では10万円までは値引く算段を始めからしているわけです。

しかし、いかにも「下取り車に頑張って値をつけた」という風を装って、「3万円で下取りさせてもらいます!」と話し、お客様の心をくすぐります。

ディーラー側はその3万円の分だけ、車両値引きを10万円から7万円に減らせば済むことなので、その範囲内ならどのようにも調整ができてしまいます。

上手くいけば、3万円の下取り価格に気を良くしたお客様の満足度によって、車両値引きがさらに減らせるかもしれません。

数字上だけの高額な下取り価格に目を奪われてしまうと、トータルでの値引きが減って損をすることがあるので注意しましょう。

下取りと買取りどちらが得かを見極めるためには?

以上のように、ディーラー・販売店側は新車の値引き額で下取り額を調整できてしまうので、実質的な下取り査定価格がわかりにくくなってしまいます。

買取り専門店の査定は、ずばりそのまま車の値段が出るわけなので、数字上だけで比べると、どちらが本当に得なのかを見極めるのが難しくなってしまいます。

営業マンの販売テクニックにのせられてうっかり損をした…なんてことにならないためには、まずは下取り車が無い前提で新車の値引き交渉をしましょう。

相手が限界まで値引きし新車の購入価格が決まった後、あらためて下取り車の査定をしてもらうと、値引き額を調整してごまかされてしまうことを避けられます。

そのうえで、買取り専門店の査定額と比較してみましょう。

1つの買取り専門店でゼロ円と査定されてしまったとしても、一括査定を利用すると思わぬ値がつくことがあります。

自分の乗ってきた愛車をできるだけ高く買ってくれるところを探し、下取りと買取りのどっちが得かを比較検討してみましょう。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

▼1つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。▼

>>高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧<<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

目的別おすすめ記事


車下取りと車買取りの違い


車下取りで必要な書類


査定士はここを見ている!


車種別買取相場


車のお役立ち情報


車に関する豆知識

メニュー

買取査定の相場

 

Copyright 車下取り査定.com All Rights Reserved.