外車の車下取り

車下取り査定.com

  •  
  •  
  •  
 

国産ディーラーで外車・輸入車を下取りしてもらうと損をする?

外車や輸入車から国産車に乗り換えるとき、国産ディーラーでの下取り価格はどうしても低くなってしまいます。

安定した人気があって中古車が多数出回っているような車種ならまだマシですが、それでもあまり高額な下取り価格は期待できません。

外車・輸入車から国産車への乗り換え、反対に、国産車から外車への乗り換え、いずれにせよ、下取りに出すよりは買取り専門店で売却する方が得になるケースが多いようです。

新車購入の際に、必ずしもディーラーに下取りしてもらう必要はありませんし、それだとかえって損をしてしまうこともあります。

買取り専門店の便利な一括査定を利用して、高く買ってくれるお店を探し、下取りと買取りのどちらが自分の場合は得かを比較してみましょう。

国産ディーラーが外車・輸入車の下取り価格を高くできない理由

ディーラーではお客様からの要望があれば、外車や輸入車であっても基本的には下取りを断ることはしません。
ですが、できることなら、外車や輸入車は下取りしたくないというのが本音のようです。

その理由はいくつかありますが、主なものは次の3つです。

1.転売が難しい
2.価格の相場があいまいで、変動が激しい
3.国産車に比べ、下取りのメリットが無い

自社の車の場合は、転売ルートも確保されていますし、売値を支えるメリットもあるので、比較的高値で下取りをしてくれる傾向にあります。

他社製品であっても、国産のライバルメーカーのものならば、相場を無視するわけにはいきません。
お客様が他社に新車購入を乗り換えないようにストップする目的も出てくるので、自社製品ほどでは無いにしても、ある程度の値をつけてくれる可能性はあります。

しかし、外車や輸入車は流通量が少ないために、下取りをしてもすぐに転売できるとは限りません。
また、価格変動が激しく在庫として抱えるにはリスクが高く、ディーラー側にとって何のメリットもないので、下取りをするのを嫌がるのです。

外車・輸入車の売却は買取り専門店の利用がおすすめ

国産ディーラーでは、本来ほとんど値のつかない外車・輸入車の下取りを、新車車両値引きを調整するテクニックによって、見積もり上はいかにも高額査定をしたかのように見せかけることがあるので注意が必要です。

外車ディーラーで、同じ社の車を下取りに出す場合は比較的値がつきやすいですが、それでも買取り専門店の方が高価買取りをしてくれる傾向があるようです。

いずれにせよ、一括査定を利用すれば、最も高く買い取ってくれるお店が簡単に探せます。新車を購入するディーラーに対しては、下取り車が無い方がかえって値引き交渉がしやすくなることがあります。

特に、外車・輸入車の売却は、買取り専門店の利用がおすすめです。
一括査定は無料で利用できますし、査定をしたからといって、必ず売却しなければいけないわけではありません。

買取りと下取り、どちらが自分にとって得かを比較検討してみましょう。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

▼1つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。▼

>>高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧<<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

目的別おすすめ記事


車下取りと車買取りの違い


車下取りで必要な書類


査定士はここを見ている!


車種別買取相場


車のお役立ち情報


車に関する豆知識

メニュー

買取査定の相場

 

Copyright 車下取り査定.com All Rights Reserved.