運転が苦手な女性

車の豆知識

  •  
  •  
  •  
 

運転が苦手な女性必見!安全運転をするためのコツ6選

男性とは違い、基本手に女性は小柄です。
当然、「車の運転なんてしたくないし苦手!」なんていう女性は多いのではないでしょうか。
それを裏付けるかのように、数値としてもみることができます。

※以下数値はnissanの情報をもとにしています。

【1】高速道路の合流地点をうまく進むには

高速道路は、一般道路より運転するのが怖いイメージがあります。

その理由は、毎日車を運転する女性でも高速道路を頻繁に使うことがないということです。

不慣れな道というのもありますし、他の車がスピードをだしているので余計に怖いという印象があります。
特に、合流時はとても勇気が必要です。

実は合流時にヒヤリとした女性は46%と、半数が危ない目にあっていることがわかりました。

それを解消するためには、本線を走る車のスピードに合わせることが肝心といえます。
変にまわりの車に気を使ったり、行くか行かないかを迷ってブレーキを踏んでしまうほうが危険です。
もし、高速道路の合流地点を利用する際は、思い切って進むことをおすすめします。

【2】運転中の視線はとても大切

運転する際に、どこを見ながらハンドル操作されていますか?
視線によっては、危険な運転をしている場合もあるので注意が必要です。

やはり、無意識に運転しているせいか視線が定まっていない女性が3%ほどいます。
次にボンネットの前を見て運転している女性が19.4%。

先行者のさらに先を見ている女性が50%と、約半数います。
さらに、先行者を見ながら運転している女性は78.6%とかなりの割合を占めていることがわかります。

実は、1番安全といわれているのが先行者のさらに先で、要するに視線を遠くすることが安全運転のポイントといえるでしょう。

【3】運転席のポジションが安全運転の要

運転席のポジションって非常に大切です。
面倒くさいからって、定位置のまま運転していませんか?

実際のデータによると、運転席の調整をこまめにしている女性は23%と、ほとんどが気にしていない状況です。

安全運転をするためには、視界を確保することが絶対条件です。
出発する前に、必ず席の高さや位置をしっかり調整してください。
そして、右足でブレーキを踏みこみ、足が伸びきらない位置がベスト!

ほんの1分程度でできるので、面倒くさがらずに行いましょう。
事故が起きてしまっては、1分どころ1分どころじゃすまなくなります。

【4】助手席にバッグを置くと大事故になるって本当?

バッグをいつも助手席においている女性が、非常に多く見受けられます。
助手席があいているし、何かと便利で楽だからといって、バッグを横に置いてはいけません。

バッグや荷物を助手席に置いて運転したことある女性は、なんと99%。

全ての女性といってもいいくらい、助手席に荷物をおいていることになります。
もし、運転中に荷物が足元に転がり、ペダルの奥に入り込んでしまった場合を想像できますか?
ブレーキが踏めずに、そのまま事故をすることが予想できます。

安全運転をするためには、必ず後部座席にバッグや荷物を置きましょう。

【5】ハンドルの握り方は重要

運転する際に、ハンドルを持つ位置を意識したことありますか?
無意識にハンドルを握っていると、ふとした瞬間に思ったように回しきれず事故になってしまうケースもあります。

まったく意識してない女性は5%。
8時20分が11%で、9時15分が18%、10時10分が1番多く、66%という数字がみられます。

では、1番安全に運転できるハンドルの握り方はどれでしょうか。

正解は、9時15分です。

どんなことがあっても、ハンドルを1回で切れるように両手の間隔をしっかりあけることが重要です。
そのためには、左手を9時、右手を15分の位置に手を置くことがベストです。

【6】女性の運転を苦手としている理由に多いのが駐車問題

駐車をする際に、車を傷つけたことがある女性は57%と約半数。
駐車をする際に、ヒヤリとした経験がある女性は、なんと89%とかなりの割合をしめています。

小柄な女性のために、上から車を見下ろしながら簡単に駐車ができる機能が最近の車に搭載され、広まりつつあります。

駐車を苦手にしている女性は、このような機能がついた車を選んでみてはいかがでしょうか?

何気ないことで大事故につながる

車の運転はちょっとしたことで、大事故につながります。
でも、逆に”ちょっとしたことをするだけ”で、安全運転をすることもできます。

先ほどお話したように、助手席にバッグを置かないことや、ハンドルを正しく握る、運転中の視線に気を付けるなど、簡単にできることでしょう。

車の運転が苦手な女性は、1つ1つ意識して苦手を克服し安全運転を心がけてください。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

▼1つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。▼

>>高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧<<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

目的別おすすめ記事


車下取りと車買取りの違い


車下取りで必要な書類


査定士はここを見ている!


車種別買取相場


車のお役立ち情報


車に関する豆知識

 

Copyright 車下取り査定 All Rights Reserved.