タイヤのメンテナンス

車の豆知識

  •  
  •  
  •  
 

ガソリンスタンドでタイヤのメンテナンスをしよう!そのやり方は?

自動車を運転していると度々寄ることになるのが、ガソリンスタンドですね。

ご存じのようにガソリンスタンドは、ガソリンを入れる以外にも様々なサービスを提供しています。

フルサービスの場合は、窓を拭いてくれたり、ゴミを捨ててくれたり、またタイヤの空気について聞かれることもあります。

そうです。

ガソリンスタンドでは、自動車のタイヤの空気を入れることが出来るのです。

自動車のメンテナンスというと、カー用品販売店に併設されたメンテナンス用の工場や修理工場、あるいはディーラーで行うイメージが強いかもしれませんが、様々な規制緩和の結果、最寄りのガソリンスタンドで出来ることが増えています。

ただ、誰でもやったことがある自転車の空気入れと異なり、自動車のタイヤに空気を入れるという作業は誰もがやったことがあるとは限りませんよね。

自動車のタイヤの空気が抜けていると、燃費が悪くなってしまうという大きなデメリットがあるので、タイヤの空気については日頃から気を配りたいものです。

社団法人日本自動車タイヤ協会は、タイヤメンテナンスのチェックを月に1回程度行うことを推奨しています。
ただ、毎月ディーラーやカー用品販売店に行ってタイヤのメンテナンスをするのは結構大変ですよね。

そんな時ガソリンスタンドで給油のついでに気軽にメンテナンスできればこれほど便利なことはありませんね。

ではガソリンスタンドでタイヤに空気を入れる方法を紹介していきます。
大別して2つの方法があります。

ガソリンスタンドでタイヤに空気を入れる方法1

据え置きプリセット型空気入れ ・適正な空気圧を確認する まずは、自分の車についているタイヤの適性な空気圧を知っておく必要があります。

それはどのようにしてわかるのでしょうか。

運転席側のドアを開けたところのボディにシールが貼られていて、タイヤのサイズや前輪と後輪の適性な空気圧が書かれています。

・機械の空気圧を設定する

空気入れの機械のダイヤルを操作して、自分の車のタイヤの空気圧に設定します

・空気を入れる

タイヤのバルブキャップを外して空気入れのノズルの先端をしっかり押し付けたら、設定した空気圧になるまで待ち、終了したら元通りしっかりとバルブキャップを閉めましょう

以上です。
とても簡単ですね。
全部行っても5分程度で終了します。

初めて据え置きプリセット型空気入れを操作する時、店員さんがいると落ち着いて操作できない、という場合は、セルフサービスのガソリンスタンドで、人が少ないタイミングを狙って行いましょう。

ガソリンスタンドでタイヤに空気を入れる方法2

エアタンク型空気入れ 適正な空気圧を確認するところは、上述した据え置きプリセット型空気入れと同じです。

・タイヤのバルブキャップを外す
・エアタンクのノズルの先端をバルブの口に押し当てる
・エアタンク上部にあるエアーゲージに表示される『現在の空気圧』を確認する
・表示された現在の空気圧が目指している空気圧より低い場合は、エアタンクの空気を入れるボタンを押す
・表示された現在の空気圧が目指している空気圧より高い場合は、エアタンクの空気を抜くボタンを押す
・目指している空気圧になったらノズルをはずし、バルブキャップを元通りしっかりと閉める

こちらの方法も簡単です。
特に難しいことはありませんね。

最寄りのガソリンスタンドやよく使うガソリンスタンドにどちらが設置されているかわからないという人は、どちらの使い方も一通り目を通しておくといいでしょう。

タイヤのメンテナンスのチェックは月に1回と前述しましたが、そもそもどのようにしてタイヤの空気圧をチェックすればいいのでしょうか。

それにはタイヤを直接指や手で押してみたり、目で見た状態を確認するという方法がありますが、これらはどちらも正確には確認できませんし、目で見た状態で明らかにタイヤの空気が減っていることが確認できた状況では遅すぎます。

タイヤの空気圧をチェックするには、『エアーチェックバルブ(タイヤの空気圧インジケーター付きバルブキャップ)』を使用します。

この『エアーチェックバルブ(タイヤの空気圧インジケーター付きバルブキャップ)』を使用すると、タイヤの空気圧が減少すると正常を示す緑の表示が黄色になり、さらに空気圧が減少すると警告の赤が表示されるようになっています。

数値としての空気圧はわかりませんが、タイヤの空気圧の状態をチェックするツールとしては十分な機能と言えるでしょう。

あまり車のことに詳しくないので、タイヤのバルブを触ることは避けたい、という人は、フルサービスを提供しているガソリンスタンドに行って、店員さんにタイヤの空気圧をチェックして欲しい、とお願いしてみましょう。

快く引き受けてくれます。

その際に使った空気入れの使い方を実地で教えてもらえば、その後は自分でも気軽に出来るようになりますよ。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

▼1つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。▼

>>高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧<<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

目的別おすすめ記事


車下取りと車買取りの違い


車下取りで必要な書類


査定士はここを見ている!


車種別買取相場


車のお役立ち情報


車に関する豆知識

 

Copyright 車下取り査定 All Rights Reserved.