車が真っすぐ走らない

車の豆知識

  •  
  •  
  •  
 

自動車がまっすぐ走らなくなった時にチェックしてほしいこと

ハンドルをまっすぐに握っていても、僅かに自動車が右や左の方向へ走ってしまい、まっすぐ走らないことがありませんか?

このような状態は、道路に深い轍があると発生する可能性もありますが、自動車の整備不良や故障が原因で発生することもあります。

ここでは自動車がまっすぐ走らなくなった時にチェックしてほしいことを紹介します。

まず、タイヤの空気圧をチェック

タイヤの空気圧が少なくなると転がり抵抗が大きくなります。

4輪あるどれか1輪だけが空気が少なくなると、このことにより、自動車がまっすぐ走らなくなる場合があります。

知らず知らずに空気は少しずつ漏れていますので、ドライバーが気付きづらく、定期的なチェックを忘れないようにしましょう。

ツールさえあれば自分でもできますが、カーショップやガソリンスタンド、タイヤ屋さんでも頼めばやってもられます。

ブレーキの引きずりの場合も

自動車のブレーキペダルを踏んだ後離しても、ブレーキが効いたままになるのが引きずり。

例えば、4輪あるタイヤのどれか1輪がこのような状態になると、僅かに自動車が右や左の方向へ走ってしまい、まっすぐ走らないことがあります。

タイヤの空気圧をチェックして問題が無ければ、引きずりを疑い、ディーラーや自動車販売会社に相談してください。

ホイールアライメントの調整不足

タイヤは地面に対して垂直に取り付けるより、僅かですがキャンバー、トーインなどといった角度を付けて取り付けると、自動車の直進性や、コーナリング性能が良くなり、ホイールアライメントと呼びます。

自動車にはこれを調整する機能が備わっており、調整不足によって、自動車がまっすぐに走らなくなることもあるので、ディーラーや自動車販売会社に相談してください。

サスペンションの故障も視野に

サスペンションは、路面からの振動や突き上げを緩和し乗り心地を良くしたり、スムーズにコーナーを曲がれるようにする車輪とボディーを繋ぐ装置です。

この装置が変形してしまったり、うまく作動していないと自動車がまっすぐ走らないことがあり、ディーラーや自動車販売会社にて修理が必要です。

タイヤの偏摩耗

タイヤの接地面の内側もしくは外側が、極端に減ってしまうことをタイヤの偏摩耗といいます。

このような状況になると自動車がまっすぐ走らないことがあり、ホイールアライメントの調整やタイヤの交換が必要となっています。ディーラーや自動車販売会社に相談してください。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

▼1つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。▼

>>高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧<<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

目的別おすすめ記事


車下取りと車買取りの違い


車下取りで必要な書類


査定士はここを見ている!


車種別買取相場


車のお役立ち情報


車に関する豆知識

 

Copyright 車下取り査定 All Rights Reserved.