エンジンオイルのランプ

車の豆知識

  •  
  •  
  •  
 

これって危険?エンジンオイルのランプが点灯してしまった

自動車を運転中にランプのような形をしたエンジンオイルの警告灯が、突然のように点灯し驚いた経験をお持ちの方も多いと思います。

このエンジンオイル警告灯は単にオイルランプと呼ばれたり、油圧警告灯と呼ばれていますがいずれにしてもこのランプが点灯した場合は注意が必要です。

そこで今回はこのエンジンオイルの警告灯が点灯する原因と、その対処法についてできるだけ詳しく検証してみます。

エンジンオイルのランプが点灯がなぜするのかその原因を検証

エンジンオイルの警告灯が点灯する原因は、エンジンオイルの圧力が不足していると考えられます。

油圧警告灯と呼ばれているように、エンジンオイルの油圧が下がったときの警告なのです。
ではなぜエンジンオイルの油圧が低下するのかですが、いくつかの原因が考えられます。

一つはエンジンオイルの量が減少した場合で、他にもオイルポンプの破損や磨耗による故障などが考えられます。

エンジンオイルの量の減少もオイルポンプの破損や磨耗の場合も、いずれもエンジンオイルが自動車のエンジン内を潤滑しないため、エンジンオイルの圧力の低下を引き落とします。

そのままにしておくとエンジンがストップして、最悪の場合は事故にもなりかねません。

そのためエンジンオイルの警告灯が点灯した時点で、直ぐにいくつかの対処が必要となります。

エンジンオイルのランプが点灯した場合の対処法

自動車を運転中にもしエンジンオイルの警告灯が点灯した時は、車を安全な場所に停車しまずは車のボンネットを開けオイルゲージでエンジンオイルの残量をチェックします。

もしエンジンオイルの警告灯が点灯しているのに無視して運転を続けると、アクセルを踏んだ際にノッキング現象を引き起こす可能性があります。

ノッキング現象を引き起こすとエンジンがストップしたり、マフラーから白い煙を出すこともあります。

エンジンオイルの警告灯が点灯した時は、このようにエンジントラブルの可能性があることを忘れないようにしましょう。

もしオイルゲージのメモリがEとFの間か、またはメモリのHとLの間にあったならば、直ぐにロードサービスの要請をするかディーラーや自動車修理工場へ電話をするようにしましょう。

もしオイルゲージのメモリがEとFの間かHとLの間でなかったならば、単にオイルが不足しているだけなのでオイルの補充を行います。

自分でオイル交換ができない方はエンジンオイルの警告灯が点灯した時点で、できるだけ早くディーラーや自動車修理工場でオイルの補充を行ってください。

エンジンオイルのランプが点灯しないように普段から心掛けることは?

初めてエンジンオイルの警告灯が、点灯するのを見るとびっくりしますよね。

慌てて自動車の取扱説明書を読んで見たりしますが、エンジンオイルの警告灯が点灯するのを未然に防ぐには、普段からこまめに自動車のチェックやメンテナンスを行うことです。

また車検の時や定期点検だけでなく、日頃からオイル交換を定期的に行うことが大事です。

エンジンオイルは私たちが自動車を運転している際に、私たちの見えないところでエンジンが磨耗しないように潤滑の役割を果たしたり、エンジンの冷却を行ったりします。

人間の血液と同じようにエンジンオイルは自動車を運転中は、一時も休むことなくめまぐるしく働いています。

エンジンオイルの警告灯はそんなエンジンオイルからの悲鳴と考え、普段から定期的にオイル交換を行うことおすすめします。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

▼1つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。▼

>>高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧<<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

目的別おすすめ記事


車下取りと車買取りの違い


車下取りで必要な書類


査定士はここを見ている!


車種別買取相場


車のお役立ち情報


車に関する豆知識

 

Copyright 車下取り査定 All Rights Reserved.