エンジンオイル交換

車の豆知識

  •  
  •  
  •  
 

エンジンオイルの減少に気付いたらすぐに交換しよう

自動車を運転中にカラカラという音が聞こえてきたり、エンジンオイルの警告灯ランプが点灯した場合はエンジンオイルが減っていると考えられます。

エンジンオイルはガソリンとは違って、車のエンジンの内を循環しているだけなので、普通であればエンジンオイルが減ってしまうとは考えにくいはずです。

そこで今回はなぜエンジンオイルが減少するのかその原因と、対処法についてできだけ詳しく検証してみます。

なぜエンジンオイルが減少するのか?

エンジンオイルはオイル交換をしないで長期間、自動車を運転していれば自然に減少する可能性はあります。

しかし本来であればエンジンオイルは車のエンジンの内を循環するので、ほとんど減少しないように設計されているものです。

そのためエンジンオイルが減少する原因として考えられのは、エンジンブレーキが作動する時かオイル上がりかオイル下がりです。

エンジンブレーキが作動するとエンジンの燃焼室内の圧力が上昇し、エンジンオイルを大量に消費しエンジンオイルが減少します。

エンジンオイルが減少する原因となるオイル上がりとは

オイル上がりとは言葉が表すように、エンジンオイルが下から上に上がってしまう現象のことです。

オイル上がりになる原因として第一に考えられるのは、ピストンリングやオイルリングが摩耗したり、破損していることが原因と考えられます。

エンジンオイルは本来は車のエンジンの内を循環するもので、燃焼室にはエンジンオイルが入らないように設計されています。

これはエンジンオイルが燃焼室に入ると消費され減少するからですが、燃焼室にオイルが上がってしまうオイル上がりが起きることがあります。

日頃からオイル交換を定期的にしないと、ピストンリングやオイルリングが摩耗しオイル上がりを引き起こします。

エンジンオイルの警告灯ランプが点灯したり、マフラーから白煙が出たりすれば、オイル上がりになっている可能性が大です。

もしオイル上がりになればエンジンを分解して修理することもあるので、修理代も思っている以上に掛かったりします。

エンジンオイルが減少する原因となるオイル下がりとは

オイル下がりとはオイル上がりとは逆にシリンダーヘッドからオイルが下がり、燃焼室にオイルが入って燃えしまう現象のことです。

オイル下がりの原因はステムシールと呼ばれる、エンジンオイルが吸排気バルブから入らないための部品の損傷や、劣化が原因だと考えられます。

これらの他にも天候の影響による膨張などが原因で、エンジンオイルが燃焼室に入ってしまう現象のこともオイル下がりと呼ばれます。

オイル下がりもオイル上がりと同様に、車のマフラーから白い煙を出すこともあります。ただオイル下がりの場合は車のエンジンを掛けた時や、アイドリングの時くらいなのでオイル下がりに気付かない場合もあります。

いずれにしてもオイル下がりもオイル上がりも、エンジンオイルの交換などメンテナンスを怠ったことが主な原因です。

もしエンジンオイルの減少が早い場合の対処法について

自動車を運転していて突然もしエンジンオイルの警告灯が点灯した場合は、エンジンオイルの圧力が不足していると考えられます。

エンジンオイルの圧力が下がるとエンジン内の潤滑の役割を果たすオイルが機能せず、事故など大きなトラブルを起こす可能性があります。

オイル上がりもオイル下がりも前述したように、長期間エンジンオイルを交換していないなどのメンテナンスを怠ったことが主な原因です。

そのためエンジンオイルの減少が早い場合には車検や定期点検の時だけでなく、時走行距離を決めて定期的にオイル交換を行うこと必要があります。

そのためにもなぜエンジンオイルの交換が必要なのかをちゃんと学び、車のエンジンにとってオイルが果たす役割なども理解するようにしましょう。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

▼1つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。▼

>>高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧<<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

目的別おすすめ記事


車下取りと車買取りの違い


車下取りで必要な書類


査定士はここを見ている!


車種別買取相場


車のお役立ち情報


車に関する豆知識

 

Copyright 車下取り査定 All Rights Reserved.