車の燃費

車の豆知識

  •  
  •  
  •  
 

車の燃費についての情報を改めて知っておこう

車を新しく購入する際に基準となるものにはボディデザインやボディカラー、車の運転性能などの他に燃費が挙げられます。エコカー減税という政府主導の政策によって燃費がよく環境に優しい車を購入しようという人が増えました。

では、メーカーはどのようにしてカタログ燃費を計測しているのでしょうか。

車の燃費を計測する方法は、国土交通省によって決められています。
それは『JC08モード』という走行方法です。

この測定方法が採用されたのは2011年4月以降です。

それまでは別の方法が測定にもちいられていましたが、測定技術の進歩や様々な環境の変化に合わせる形でJC08モードが国の測定基準となりました。

一般の走行状態に近づけるため、エンジンが冷めた状態から測定をスタートし、平均速度が24.4km/h、最高速度が81.6km/h、走行距離が8.172km、所用時間は1204秒と決まっています。

JC08モードが導入される前までに採用されていた測定方法では、カタログ燃費と実際の燃費の乖離が激しいという批判があったためにこの方法が導入されましたが、JC08モードで測定した場合、それ以前の方法で測定された燃費よりも数値として燃費が悪い数値が出る傾向にあるようです。

ただこれは単に測定方法が変わったことによって算出される数値が変化しただけのことで、実際の車両に問題が出てくるというわけではありません。

実際の走行状態に近づけたとはいえ、燃費は車の運転方法や車の状態によって変化するものです。きちんと整備されていない車で走っていたり、燃費の悪い走り方をするとカタログ燃費からはかけ離れてしまいます。

そのため、燃費をよくする車の整備方法と、燃費をよくする車の運転方法も合わせて知っておく必要があります。

燃費をよくする車の整備方法

燃費をよくするためには、車をきちんと整備する必要があります。


きちんとという意味は、トランクやラゲッジスペースに不要不急な重い荷物を積まないこと、タイヤが正常な空気圧に保たれていること、エンジンオイルの状態が正常であることなどが挙げられます。

不要不急な重い荷物、例えばゴルフバッグなどは使う時だけ車に積み込むようにしましょう。

人間でも重い荷物を持ったまま走ると早く疲労してしまいますが、何も持たずに走ると同じ距離を走ってもそれほど疲れませんよね。

車も同様です。

そして、タイヤの空気圧が低くなっている、つまりタイヤの空気が抜けているとアクセルを踏み込んでも車のスピードがなかなか出ません。

アクセルを強く踏み込むたびにガソリンが燃焼装置に供給されていくので、無駄なガソリンを消費していることになります。

タイヤの空気が抜けた自転車も、なかなかスピードが出ずに漕ぐ体力だけが消費されていきますよね。

車でイメージできない場合は、身近なもので考えてみると分かりやすいと思います。

タイヤの空気圧は、国家資格を持つ整備士がいるガソリンスタンドなどでチェックしてもらえますし、自分でやりたい場合は、カー用品専門店などに行けば、タイヤの空気圧を計測することが出来るツールも購入することができます。

タイヤメーカーごとに適正な空気圧は異なりますので、事前によく調べることが重要です。

ガソリンスタンドでタイヤの空気圧をチェックしてもらう際は、タイヤが冷えた状態でないと正確な数値が計測できないため、待ち時間が多少かかりますので、その点も理解しておく必要があります。

カタログ燃費を維持したいと常々考えているという人は、燃費を計測できる機器を取り付けるといいでしょう。

車種によっては、標準装備されていることもあります。

燃費をよくする運転方法

燃費をよくするための運転方法には、コツがあります。

車を発車、停止させるときにいきなりアクセルとブレーキを踏み込まないことです。

ゆっくりとアクセル、ブレーキを踏むことで無駄なガソリンの消費を避けることができます。

スピードに乗ったらその速度を維持することを心がけましょう。
急発進や急加速、急ブレーキは燃費を悪くしてしまいます。

とはいっても、渋滞に巻き込まれることもありますし、急ブレーキが必要な状況に陥ることもありますよね。

そんな時は、燃費よりも安全が最優先ですので、ためらわずに操作することが肝心です。

エコドライブは、ドライバーだけではなく、同乗者にも出来ることがあります。
それは無駄なエアコンや使わないことがそのひとつに挙げられます。

さらに、目的地まで効率の良い運転が出来るように、また、焦ってスピードを出し過ぎることがないように、時間に余裕をもって行動すること、ナビゲーションシステムがついていない場合は、道順などを同乗者もしっかり把握しておいて、道に迷わないようにすることも無駄な燃料を使わないためには必要なことです。

ドライバーに任せきりにすることなく、同乗者も協力してエコドライブを心がけたいですね。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

▼1つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。▼

>>高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧<<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

目的別おすすめ記事


車下取りと車買取りの違い


車下取りで必要な書類


査定士はここを見ている!


車種別買取相場


車のお役立ち情報


車に関する豆知識

 

Copyright 車下取り査定 All Rights Reserved.