バッテリーの上がる原因

車の豆知識

  •  
  •  
  •  
 

バッテリーが上がってしまう原因を知って万が一に備えよう

車に乗って、さあ出発!というタイミングでエンジンがかからない、という事態になった時、ほとんどの人はその原因をバッテリー上がりだと考えますよね。

車に関するトラブルの中でバッテリー上がりはそれほど身近なトラブルなのです。

JAF(一般社団法人・日本自動車連盟)にかかってくるバッテリー上がりによる要請の連絡は年間なんと800,000件にものぼると言われています。

1日に換算すると、約2,200件になります。

これほど件数が多いのは、普段、車を運転する時にあまりバッテリーを意識していないことが原因とも考えられます。

そこで、今回はバッテリーが車を運転する際にどのような役割を果たしているのか、や、万が一の時の対応方法、さらにバッテリーの適切なメンテナンス方法を紹介します。

車のバッテリーは車が走ることで充電されていきます。
しかし、その発電量に対して使用する電気が上回るとバッテリーが上がってしまいます。

例えば、渋滞にはまっている間中、室内灯をつけっぱなしにしていた、という状況がそれに該当します。

過放電を起こす要因

・走行中に何度もセルモーターを使用する。
・エアコンやカーオーディオといった消費電量の大きい製品を使用し続けている。

といったことが挙げられます。

充電不足になる要因

・車でよく通る道はいつも渋滞している。
・近所への買い物くらいしか車を使用しない。
・ほとんど車には乗らない。

といったことが挙げられます。

その他の要因

・容量不足の原因となる乗っている車のスペックに見合わない容量のバッテリーを取り付けている。
・過放電を起こしたまま放置したり、長期間充電しないでおいたため、バッテリーが通電不能になった。
・気温が極端に高い、あるいは低い環境下で車を酷使した。

このように、バッテリーが上がる要因はたくさんあります。

幾つか心当たりのいる方もいるのではないでしょうか。

あまりバッテリーのことを意識していないという人ほど、バッテリー上がりを起こさないための対策と挙がってしまったときの対策を知っておかなくてはいけません。

まずは、バッテリーの限界を知ることからです。

車に乗るときに電力消費が高い製品は、エアコン、ブレーキランプ、リアデフォッガー、ヘッドライト、ワイパーの順となっています。

つまり、エアコンを必要以上の温度に設定して長時間使用したり、うっかりライトをつけっぱなしにすることでバッテリーは簡単に上がってしまうということになりますね。

エアコンの使用上限時間は、7時間から10時間、ヘッドライトは3時間から5時間と言われています。

もちろん一定のスピードで走行していて、常にバッテリーが充電されているのであれば、この上限は気にする必要はありませんが、行楽シーズンの渋滞にはまったりすれば、すぐに上限を超えるということになります。

また、サンデードライバーの方や長期出張が多い方の場合は、使い過ぎによるバッテリー上がりというよりも自然放電によるバッテリー上がりが多いかもしれません。

バッテリーに蓄えられた電気は、使わないでおくと自然になくなってしまいます。

バッテリーが満タンになった状態から完全放電になるまでの期間は、エンジンを切った状態の車で約3ヶ月と言われています。

ですので、長期出張に出る方は、出発前に車のバッテリーをチェックしておくことをおすすめします。

さらに万が一、バッテリー上がりを起こした時のために、対処法を覚えておくことも必要です。
もう対処法をご存じの方も復習の意味で目を通しておいてください。

ブースターケーブルを使う

最も一般的な方法が、ブースターケーブルを使う方法です。
これは、バッテリー上がりを起こした自分の車とエンジンがかかる状態の他の車をブースターケーブルでつなぎ合わせて、エンジンをかかるようにするという方法です。

バッテリー上がりを起こしてもとりあえずエンジンさえかかれば車が動く、という状態の場合に有効な方法となります。

エンジンがかかれば車を走らせてバッテリーに充電させることが出来ますね。

ただし、これは、近くにきちんと走行できる車がいて、かつ、ブースターケーブルを接続させてくれることが大前提になりますので、車での一人旅、かつ、車があまり通らない場所では難しいということになります。

ロードサービスに依頼する

大手だとJAFということになるのでしょうか。

様々な民間のロードサービスがありますので、車のプロにお願いする、という方法があります。

ただしこれは安心であり、プロに任せられる分、それなりの料金がかかることになります。

加えて、携帯電話、スマホの電波が届くところでないと、そもそも呼ぶことが出来ない、というデメリットもあります。

自分の力で対処する

ロードサービスも、誰かの車も頼ることが出来ないという場合は、自分一人で対処しなくては行けません。

そういう時は、ジャンプスターターを使用してエンジンを起動させます。

初心者にも使いやすいようにかなり改良されているものもありますので、カー用品専門店などで探してみることをおすすめします。

ただし、このジャンプスターターは機械そのものが大きくて重く、常に車に積んでおくことは少々場所を取ってしまうこと、バッテリー上がり以外に用途がないため、コストパフォーマンスが悪い、というデメリットがあります。

以上、バッテリー上がりの対処法は一つではありません。

自分にはどのような方法があっているのかを見極めて、めったに車どおりがない場所へ出かける場合は、事前にロードサービスに登録しておく、ジャンプスターターを車に積んでおくなど準備しておきましょう。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

▼1つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。▼

>>高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧<<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

目的別おすすめ記事


車下取りと車買取りの違い


車下取りで必要な書類


査定士はここを見ている!


車種別買取相場


車のお役立ち情報


車に関する豆知識

 

Copyright 車下取り査定 All Rights Reserved.