バッテリーが上がったら

車の豆知識

  •  
  •  
  •  
 

バッテリーが上がってしまった時の応急処置

ヘッドライトや室内灯を消し忘れたりするとバッテリーが上がってしまい、自動車通勤している人は、遅刻を覚悟しますよね。ただ、条件が揃えば、応急処置によってすぐに走り出すことができます。ここでは、バッテリーが上がってしまった時の応急処置を紹介します。

応急処置に必要なもの

ブースターケーブルはご存じでしょうか?このケーブルには赤と黒の2つの太いケーブルで構成され、両端に大きなワニ口クリップが付いています。応急処置にはこれが必要なので、カーショップなどで購入してトランクに積んでおきましょう。

また、バッテリーが上がった自動車以外に救助車としてもう一台の自動車が必要です。トラックやバスは24Vのバッテリーが搭載されている可能性があるので、救助車にするのは避けましょう。

応急処置の準備

まず、ブースターケーブルを点検します。新品ならまずありえませんが、外観を見て、被覆が切れていたり、芯線が断線したりしていないかを確認します。ワニ口クリップがちゃんと噛むかも確認します。次に、両車を近くに寄せ、フロントフードを開けて、エンジンを停止させ、灯火類を消します。

バッテリーが上がった自動車のバッテリーのプラス端子に赤色のブースターケーブルに2つあるワニ口クリップの1つを接続します。救助車に同じケーブルの残ったワニ口クリップを接続します。

次に救助車のバッテリーのマイナス端子に黒色のケーブルに2つあるワニ口クリップの1つを接続します。バッテリーが上がった自動車の金属部分同じケーブルの残ったワニ口クリップを接続します。エンジンがかかった状態でのこの作業は危険なので、やめましょう。

応急処置の方法

まず、救助車のエンジンを始動させ、アクセルを踏みアイドリングより少し回転数を上げ維持します。次に、バッテリーが上がった自動車のエンジンを始動させたら、ブースターケーブルを取り付けた逆の手順で、ブースターケーブルを外します。

これで、自動車は走行できますが、すぐにエンジンを停止させず、走行しましょう。再度バッテリーが上がりが発生したら、ディーラーや自動車販売店に相談してください。バッテリーが古かったり、充電装置の不具合が原因の場合もあります。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

▼1つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。▼

>>高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧<<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

目的別おすすめ記事


車下取りと車買取りの違い


車下取りで必要な書類


査定士はここを見ている!


車種別買取相場


車のお役立ち情報


車に関する豆知識

 

Copyright 車下取り査定 All Rights Reserved.